スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
“女性が輝く「しごと力」フォーラム”に参加しました!
こんにちは。CCのコンドーです。

朝晩の冷え込みが徐々に感じる季節になりましたが
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

特に夜はお風呂あがりにいつまでも起きていると
肌寒さを感じます。
昨年より、寒さの感じ方が増したように思うのは
やはり歳のせい!?でしょうか。
…年々、悲しい現実を突き付けられますがく〜
ま、頑張りますよあげ


さて、話は変わりまして…

先日、大阪駅近くのグランフロント大阪にて開催されました
“女性が輝く「しごと力」フォーラム”に参加し、
現役でバリバリ働くキャリアウーマンの方々の講演を
聞いてきました。

当院は病院ですので、また一般企業の事例とは異なりますが、
何かそれぞれの現場でプラスになる今後のヒントになればと思い、
まずは自ら学ぶ精神で参加してみました。

「女性が輝けば企業は成長する!」

このフレーズは、ご講演下さいました皆さんの共通するもので、
つまり、昔聞いたことがある「女性が元気な家庭は円満にいく!」
みたいなものなのか、女性が働き続けることができる職場の環境が
企業を成長へ導いてくれるとお感じになられているのですが、
雇用側も女性にどんどん働いてもらいたいと思っていても
ライフイベントなどの影響(結婚や出産など)により
ある一定の年齢(グラフに示すと“M字型”になる)で辞めてしまい、
男性のように継続しての勤務を見込みにくいのが現状で
なかなか思うように女性の雇用継続に繋がっていないご様子。

20代前半は男性よりも女性の就業率が高いのに、後半になるにつれて
一気に男性が上がってきて、男性はそのまま継続・すぐに就職されるのですが
女性は、結婚→出産→育児の順に、一度離職を余儀なくされると
次の機会に恵まれなかったり、ご家庭とのバランスにより再就職できなかったり
勿論、復職される方もおられますが、ほんの一握りの方のみとなっています。

各雇用側もライフイベントに対応できる制度を随時導入されていますが
まだまだ十分とは言えない現状です。

また、企業の受け入れ態勢のことに限らず、近年では、女性は与えられた仕事は
難なくクリアできても、「自律的に積極的に動こう!」とした考え方の方が少なく、
自分で考える力が弱く、毎日同じ作業の繰り返しばかりか、ある程度仕事に慣れてくると
マンネリ化しそれ以上のやりがいや楽しみが持てず、淡々とした職場にやる気がなくなり、
離職してしまうといったこともあるようです。
新しいことを始める怖さ・失敗を恐れるなども
自主的にチャレンジしていかない原因であるかもしれません。


“一生働くと決めよう!!”

このモチベーションは、男女の就業グラフにも反映されている結果とも言えます。

ただ、女性である立場から一言言わせていただくと
女性だって働き続けることができる環境があり、
やる気を持てる目標や待遇があれば、男性と同様にずっと生き生きと
最後まで働き続けていきたいと思っている方はたくさんいると思います。

いくら“男女雇用機会均等法”が成立する世の中になっても
職場によっては、目に見えない形のない空気のような縛りがあり
勤続できない状況に追い込まれることがまだまだあるのではないかと思います。
当院は看護師さんの人数も多く、男性看護師も多くなっている
世の中ではありますが、圧倒的に女性が多い職種ですので
幸い女性の勤続がし易い制度や職場環境にあると思いますが、
もっと見直していかなくてはいけないこともあります。

・女性が働き続けられる制度を設ける
・残業をせずに済む職場環境
・労力を減らし、効果を上げる
 ※場合によっては、フレックスタイム制度を導入

まずは、こういったことを目標に環境を整えることが必要と
講師の方もおっしゃられていました。

そして更に、
「自身が、資格だけに頼らず、コミュニケーション能力や
 継続する力を持ち、自ら切り開く能力を身につけること。」

これこそが今企業が雇用したい求める女性像であるとお考えであり、
失敗に屈せず、どんなことにも諦めないで向上心を持って貪欲に学び続け、
それを実践することで自身も成長することができ、やりがいをもって
働くことで職場にも活気が出て、結果として業績に繋がるのだと、
ご本人の経験も含め、今だから思える理想の職場での女性の在り方を
お話し下さいました。

まさに、粘り強い“鉄の女”ですねびっくり

そうやってこれまで幾度となく困難に立ち向かわれてこられたのかと
尊敬のまなざしでお話を聞いていました。
今もなお、女性が堂々と働けるように後輩方の良き手本となり
日々努められているとのことで、このような上司に恵まれた後輩の皆さんは
これからも自分が次のお手本となれるように頑張られていると思います。
活気あふれる現場が目に浮かびますね☆☆

我々も負けず、これからも地域の患者様のお力になれるよう
活気ある職場を目指して、女性がいつまでもイキイキと現場で
活躍できる場を提供していきたいと思います。

勿論、男性の方にもお勤めしやすい職場ですので
ご安心くださいねにこにこ
最近では、“イクメン”さんも多くお勤めされていますよ!

当院での勤務にご興味を持たれた方は
是非ともご連絡くださいびっくり
各職種ズラリ勢ぞろいしていますので
まずはHP求人情報、もしくはお電話を…

 関西記念病院キャリアセンター 近藤迄
  072-867-0051
  https://www.kansai-kinen.or.jp/recruit/confirm.html

たくさんの方のご応募をお待ちしておりますポッ

今回の内容は、あくまで私が聞いてきた中での
個人的な意見ですので、“つぶやき”程度でお読みくださいませ。

長〜〜〜〜くなりましたが
今日も最後まで読んでくださってありがとうございますかわいい

 
| kansaikinen | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:16 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback